NEODERMYL 最先端のエイジングケア成分 ネオダーミルとは? ネオダーミルは、スイスにあるバイオテクノロジー技術を持った化粧品原料会社のインデュケム社(Induchem AG)が開発した、最先端のエイジングケア化粧品成分です。肌細胞のエネルギー源としてはらたき、お肌のハリ・弾力のもとであるコラーゲン、エラスチンの生成を、安全な方法で促進し、エイジングケアを強力にサポートします。
ネオダーミルが効くメカニズム 老化した皮膚は、真皮の細胞が衰えています。そのため、コラーゲンやエラスチンなど、お肌のハリや弾力にとって重要なたんぱく質を作る機能が低下した状態です。つまり、老化した肌細胞はエネルギーが欠如しているのです。ネオダーミルは、このように老化したお肌の細胞にエネルギー原を与えることによって、コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質を生成する力をサポートします。
国際展示会で金賞を受賞 2013年にパリで開催された、化粧品原材料の国際展示会「in-cosmetics2013」にてイノベーションアワード金賞を受賞しました。※in-cosmeticsとは、世界中の化粧品原料企業が集う、化粧品原材料の国際展示会です。
深いシワを2週間で好転 臨床試験において、深いシワを2週間で好転させるという非常に高い試験結果が得られたほか、お肌のハリや弾力、コラーゲン密度も好転させました。特に、シワに関しては、プラセボ使用被験者に対して、深さを7.5倍改善し、体積は6.5倍改善という非常に高い結果が得られています。